初めての転職活動

アビタスは初めての転職をされる方へのサポート実績が豊富!
会計業界に精通した専門アドバイザーが1から丁寧にサポートいたします。

初めて転職活動をする時には、
色々な不安や悩みを抱えていると思います。

初めての転職活動
  •  初めての転職活動、何から始めればよいか分からない・・・
  •  活動のスケジュールを知りたい
  •  キャリアプランについて、どのように考えを進めれば良い?
  •  求人や企業情報はどのように集めれば良い?
  •  履歴書・職務経歴書の書き方が分からない・・
  •  面接では何が聞かれる?どういう雰囲気?
  •  年収はどのくらいが目安になる? 交渉はできる?
  •  現職との退職交渉はどう進めれば良い?
これらの不安や悩みを解決!
アビタスのキャリアアドバイザーが1から丁寧にサポートいたしますので
初めての方でも安心です

アビタスキャリアを使うメリット

  • 1.実績豊富なキャリアアドバイザーが、あなたに近い目線でサポート

    アビタスはUSCPAを中心に、会計領域で豊富な転職支援実績がございます。実績を基にした豊富な情報をベースに、初めて転職する方と近い目線でアドバイザーがサポートいたします。転職活動全般の進め方についてのアドバイスから、求人の詳細情報のご説明、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、内定後の条件交渉などを1つ1つ丁寧にお手伝いいたします。
  • 2.求人票だけでは分からない情報をキャッチ!

    履歴書・職務経歴書の作成や、面接に向けて大切なのが求人・企業の情報収集ですが、なかなか集め方が分からないもの。アビタスはこれまで多くの方々の転職をご支援しており、企業からの厚い信頼を基にアビタス独自開催の採用セミナーや独占求人をいただいておりますので、求人票だけでは分からないコアな情報をお伝えすることが可能です。
  • 3.自分では気づいていないキャリアの可能性を発掘できる

    具体的にどのようなポジション・選択肢があるのか、それぞれの転職可能性、長期的なキャリアイメージなどが分からない方も多いことと思います。アビタスのキャリアアドバイザーは、皆様のキャリアビジョン・ゴール、経歴、志向や希望条件を丁寧にお伺いした上で、適正を見極め、幅広い求人をご提案いたします。皆様がまだ気付いていない可能性を発掘させていただくのも、「会計領域」特化型のエージェントであり、深い業界知見を有する我々の強みです。
転職初心者でも安心
サポート体制が整っています
アビタスには会計業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。面談を通してあなたが転職活動を成功させるために必要なことは何か分析し、全力でサポートいたします。
ご登録
面談
求人紹介
書類選考
応募後サポート
内定から入社
USCPA転職に精通したプロが豊富な
求人からあなたをサポート
簡単分で
完了!

動き出す前にここから始めよう

経験・経歴の棚卸し

転職活動の第一歩は、職務経験の『棚卸し』から。まずは現職の仕事から取り掛かるとスムーズに進みやすいと思います。最初は日々の仕事内容を細かいことも含め全て紙に書き出すことから始めてみましょう。自分の頭だけで思い出すのが難しいようでしたら、過去のスケジュール、仕事で作成した資料などを見てみると良いかもしれません。

一通り書き出したら次は整理です。整理の仕方は人それぞれやりやすい方法があると思いますが、例えば管理部門を全般的にやっている人であれば、『経理』『総務』『人事』『その他事務』など分野別で分けて考えると整理しやすいと思います。
この『棚卸し』で重要なポイントは、ただ単にやってきた仕事を整理するだけでなく、仕事への『意識・姿勢・成長』もセットで考えることです。人間であるからには機械のように無意識に仕事をしている人はいないはずです。
『どんな姿勢や意識をもって仕事に取り組んできたか』 『取り組んだ結果、どんな成果があったか』 『自分自身がどのように成長したか』 業務を進める上では、何かしら意識を持って仕事に取り組み、日々成長していることと思います。些細なことでも良いので、取り組んだことで生じた変化を探し出してみましょう。

経験・経歴の棚卸し

自己分析

客観的な分析

自分自身をどれだけ客観的に見ようと思っていても主観的に考えてしまうことも多いと思います。自分ひとりで考えるだけでなく、周囲の人から客観的な意見をもらうことも一つの方法です。
もっとも参考にできるのが上司からの評価です。さすがに転職活動に向けて改めて評価を聞くことは難しいと思いますが、月次や四半期毎のレビューなどで言われたことを思い出してください。無意識にやっていることが高く評価されたり、逆に叱責をされたり、言われてから考えてみると確かに的を得ているな、と思うことも多いと思います。仕事上で自分が気付かないことを指摘してくれるのが、会社の上司や先輩、同僚であると思います。

家族や友人に聞くのも一つの方法です。あらたまって意見をもらうのは恥ずかしいとは思いますが、一番身近な存在である家族や昔から知っている友人からは、貴重な意見をもらうこともあるはずです。上司や同僚にはできないような相談事や、適性・適職に関する意見を求める場合(例えば、『こういう仕事をしてみたいんだけど向いているかな?』など)も、気の知れた相手であれば親身に答えてくれると思います。

もちろん、キャリアアドバイザーからアドバイスをもらうのも一つの手です。転職活動に向けて、軸のブレを修正したり、方向性の最終的な確認をしたりなど、客観的な視点から貴方の自己分析をサポートするのがキャリアアドバイザ-の役割です。弊社でも有意義な転職活動ができるよう、二人三脚でサポートをさせていただいております。

過去から現在、未来へ ~一貫した軸のあるストーリーを

これまでの職務経験、強み・弱み、今後の方向性についてある程度整理ができましたら、最後に過去の自分から未来の自分を通して見てみましょう。その際には、『一貫性、軸はあるか?ブレていないか?』という視点で見てみてください。おそらく一貫性に欠けているところが見つかると思いますが、そもそも職歴に一貫性のある方は稀です。

面接では一貫性に欠けているところは厳しく突っ込まれることが多いです。例えば、『1社目で経理をして、2社目でSEの仕事をして、もう一度経理に戻りたい』という人がいたとします。その場合、面接では『なぜ2社目に行ったのか?』、『なぜまた経理に戻るのか?』と必ず質問されますが、理由をしっかり伝えることができなければ、面接を通過することはほぼ不可能です。

一貫性がない箇所が見つかった時に大事なのは、
『自分の行動に軸のある考えを持たせること』
『考えに変化が生じている場合は、変化のきっかけとプロセスをしっかりと考えること』

です。経歴を変えることはできませんが、経歴上一貫性がないように見えても『軸のある考え』という接着剤を使うことで関連づけることができます。
最終的に『高校~大学~1社目~~2社目~現在~未来』までのストーリーを作ることができれば、しっかりとした自己分析ができたと言えると思います。

自己分析

希望条件の整理

自己分析ができたら「キャリアビジョン・キャリアゴール」や「今後大切にしていきたい軸」を整理してみましょう。将来について考える時は3年後・5年後・10年後、のようにスパンを決めて考えてみると、より具体的にイメージがしやすくなります(例えば、5年後となると33歳になっている、等)。
具体的な選択肢や、キャリアビジョンが描きにくい時は、お気軽にキャリアアドバイザーにご相談いただければと思います。

USCPA転職に精通したプロが豊富な
求人からあなたをサポート
簡単1分で
完了!
 条件をクリア
 業種・職種
監査法人
税理士法人
コンサルティング
事業会社
会計事務所
 年収
 勤務地
募集の特徴
仕事の特徴
会社の特徴
待遇・職場環境の特徴