転職成功事例
20代の転職

「未経験から会計実務に挑戦したい!」会計アウトソーシング企業に内定。

転職ビフォーアフター
資格・語学
転職前
大手メーカー 海外営業担当
転職後
経理アウトソーシング企業

ご来社時のご相談内容と転職の目的

ご来社時の相談内容

面談の際に「現職が忙しすぎてUSCPAの学習が進まない…。少しでも早く会計実務を積みキャリア軸をシフトしていきたい。」と、非常に悩まれた様子でお話ししてくださいました。

相談者様は大手メーカーで海外営業として活躍されていましたが、現職の組織体制上、営業部門から管理部門への異動が現実的に難しいことを知り、キャリアセンターに相談に来てくださいました。

「現職に留まる」「転職する」それぞれのメリット・デメリットを書き出しながら、相談者様の考えを整理するお手伝いをさせていただきました。これまでUSCPA学習が思うように進んでいなかったこと、また現職に留まっても取得目途が立たないことから、今後の学習がスムーズに進むような環境を中心に求人をご提案させていただきました。

転職の目的・転職で実現したいこと

1: 未経験から財務会計の仕事に挑戦したい
2: スピード感をもって成長できる環境

キャリアコンサルタントから見た転職成功のポイント

目的達成のために必要な環境を分析

会計の実務経験がないため「未経験者/ポテンシャル枠」を中心に応募を進めましたが、経験者枠と比較するとポジションは限られてしまいます。

当初は事業会社(経理職)を中心に応募していましたが、選考を進める中で転職活動の軸とされていた「いち早く成長できる環境」という原点に立ち返り、会計事務所や経理アウトソーシング企業も選択肢に。複数クライアントを並行して担当できること、様々な業界・規模感の会社の会計処理に携わることが、ご自身が思い描く「成長」に繋がると感じられての判断でした。

結果、数多くの上場企業をクライアントに抱える経理アウトソーシング会社にて内定取得となりました。先方人事からも「弊社でどういった経験を積みたいかが明確であり、成長性を感じた」との高い評価をいただきました。

営業経験で培われたコミュニケーション力

今回の転職先は、クライアントとなる大手上場企業の経理部と連携しながら決算・開示業務を進めていくポジションです。また仕事は社内でチームを作り、業務を分担し遂行していきます。そのため社内外で円滑に業務を推進できるコミュニケーションスキルが求められておりました。

相談者様は海外営業として活躍されていたことから、社内外での立ち回りや日々のコミュニケーション等、今回のポジションで活かせるソフトスキルを兼ね備えていらっしゃったことも先方の評価に繋がりました。

転職成功事例の検索条件を閉じる
USCPA転職に精通したプロが豊富な
求人からあなたをサポート
簡単分で
完了!

当社はクッキーを使ってサービスを提供しています。当社のウェブサイトにアクセスすることにより、クッキーポリシー に記載されているクッキーの使用に同意するものとします。