転職成功事例
20代の転職

在宅勤務を活かして早期合格!海外営業職からBIG4監査法人へ

転職ビフォーアフター
資格・語学USCPA 簿記2級 TOEIC950
転職前
大手消費財メーカー 海外営業約4年
転職後
大手監査法人 一般事業会社向け監査

ご来社時の相談内容と転職の目的

ご来社時の相談内容

資格学習を開始したタイミングで、好奇心から監査法人の採用セミナーに参加された相談者様。そこでUSCPAとして活躍する先輩方に感銘を受け、「監査法人(会計監査)で働きたい!」という思いが固まったそうです。

キャリアセンターとの初めての面談は、監査法人の採用セミナー直後でした。いてもたってもいられず「監査法人に転職するためにはどうしたら良いのか?」という具体的な対策を求めて、相談に来てくださいました。USCPA全科目合格時にスムーズに転職活動に移行できるよう、レジュメ作成のテクニックやご自身の経験の棚卸し、アピールポイントの整理など実践的なお話を中心に、相談をお承りいたしました。

転職の目的・転職で実現したいこと

1:英語力とUSCPAの知識を活かしたい
2:一般事業会社向けの会計監査に携わりたい

キャリアコンサルタントから見た転職成功のポイント

在宅勤務をフル活用したUSCPA早期合格

相談者様の会社も社会情勢を鑑み、リモート勤務体制が敷かれていました。これまで往復2時間かかっていた通勤時間がなくなり、USCPA学習の時間が確保できたこと。もともと大学で会計学を専攻し、授業の一環で簿記2級も取得されていたこと、そして現職では海外営業として英語に慣れ親しんでいたこと。以上の3点からUSCPA合格に必要な「時間」「会計知識」「英語」が揃っていました。

面談時にUSCPA早期合格は強みになることをお伝えしていたので、平日・休日共にストイックに学習を重ね、1年弱で全科目合格を果たされました。自己PRでも、USCPA早期合格の背景として「計画を遂行する力」「知識のキャッチアップ力」を兼ね備えている人材であることをお伝えいただきました。

実際に面接の場でも、仕事と両立しながらUSCPA早期合格に至った理由や工夫に質問が及び、相談者様も自信を持って先方にアピールすることができました。

ポジションへの情熱

監査法人の採用セミナーをきっかけに、会計監査業務に強く惹かれた相談者様。USCPA学習の合間に、BIG4監査法人のWEBページで先輩社員のインタビューやプロジェクト事例に目を通し、モチベーション維持に努めていらっしゃいました。またWEBページ上で気になった事例や、印象に残った内容はメモに残すなどして、ご本人曰く「ネタ帳」なるものを作成されておりました。

こういった知識の集積は書類選考・面接において、いずれも熱意として伝わります。相談者様におかれましても、面接官に高い熱意も評価いただき、見事内定取得に繋がったと感じております。

転職成功事例の検索条件を閉じる
USCPA転職に精通したプロが豊富な
求人からあなたをサポート
簡単分で
完了!

当社はクッキーを使ってサービスを提供しています。当社のウェブサイトにアクセスすることにより、クッキーポリシー に記載されているクッキーの使用に同意するものとします。