転職成功事例
30代の転職

実務レベルを上げ、市場価値を高める!会計事務所へ転職し、USCPA学習との両立へ。

転職ビフォーアフター
資格・語学TOEIC850 日商簿記3級
転職前
日系メーカー(非上場) 管理部門
転職後
大手会計事務所 コンサルタント

ご来社時のご相談内容と転職の目的

ご来社時の相談内容

相談者様が勤める日系メーカーは非上場であり、経理・総務・労務といった管理部門機能を少数精鋭で担当されています。その中でも相談者様は総務を中心に担当しており、将来的に経理業務にシフトしていきたいと思ってはいるものの、組織構成的に担当領域の変更も難しく、なかなか自身の望むキャリアにシフトしていくことが叶わず、もどかしい思いを感じていらっしゃいました。

経理にも一部携わってはいるものの、データ入力やファイリングなど限定的な業務が中心になっていました。何か現状を打開したいとUSCPA学習を開始しましたが、現職に在籍しながらUSCPA学習を進めることと、環境を変えて会計実務経験を積みながらUSCPA全科目合格を目指すこと、どちらの方が自身の市場価値を上げることができるかを考え、転職活動を進めていくことをお決めになりました。

転職の目的・転職で実現したいこと

1:財務会計の仕事に挑戦したい
2:教育体制が整っており、体系的に会計知識を身に着けることができる

キャリアコンサルタントから見た転職成功のポイント

自分の成長に必要な環境を見極める

会計実務経験を積むにあたっては、会計事務所や事業会社経理、アウトソーシング企業など様々な選択肢があります。相談者様においては、経理業務のサポート経験はあれども、やや実務レベルは浅いため、書類選考においても他候補者との比較で競り負けてしまうことが、活動当初は多々ございました。

可能性を広げるために、応募社数を増やすこと、ただし闇雲に増やすのではなく、自分の成長に必要なポイントを明確にし、そのポイントを満たすものは広く応募するスタイルに切り替えました。結果、徐々に書類通過・一次面接通過と選考フェーズが進むようになり、大手会計事務所よりオファーをいただくことができました。

少数精鋭部門で鍛えられたコミュニケーション力

先にも触れたように相談者様は少数精鋭の管理部門に籍を置いており、総務の主要担当者として、各事業部や支社とのやり取りでは窓口になっていらっしゃいました。様々な要望・質問等を併行して対応し、期日までに回答していくことは、相談者様のマルチタスク能力や交渉・傾聴力と言った高いコミュニケーションスキルがあってのものだと感じております。

こういった現職での経験は、面接の場でも自己アピールとしてお伝えいただくことで、会計事務所におけるクライアントワークでも力を発揮しうる方だと先方の期待感に繋がったのだと感じております。

転職成功事例の検索条件を閉じる
USCPA転職に精通したプロが豊富な
求人からあなたをサポート
簡単分で
完了!

当社はクッキーを使ってサービスを提供しています。当社のウェブサイトにアクセスすることにより、クッキーポリシー に記載されているクッキーの使用に同意するものとします。