転職成功事例
30代の転職

コンサル業界での実務経験を経て、上場メーカーの事業戦略グループへ

転職ビフォーアフター
資格・語学USCPA勉強中 TOEIC810
転職前
Big4系コンサルティング会社にてM&Aアドバイザリー業務経験 2年半 (前々職は、1部上場IT企業で経理や税務戦略などの実務経験4年あり)
転職後
1部上場総合電機メーカー 事業戦略グループ

活動をはじめたきっかけと、転職で実現したかったこと

前職は大手監査法人系でM&Aアドバイザーとして案件に従事していました。その中で、結局、世の中に直接付加価値を提供しているのは、アドバイザーやコンサルタントではなく事業会社であるという思いを抱くに至りました(アドバイザーは事業会社支援を通じて間接的には付加価値を生み出しますが、アドバイザー自身は支援や助言しかしません。)

また、M&Aアドバイザーのような短期決戦型の仕事ではなく、5年10年先を見据え、世の中に付加価値をもたらす様な腰を据えた仕事をしたいというのが自身の職業観であるとの思いにも至りました。また一人の日本人ビジネスマンとして、積極的に海外で稼ぐ事で日本に利益をもたらし、日本の衰退を食い止めたいとも考えるようになりました。

上記の思いを実現できる場所を得ることが転職で実現したいことでした。そのような思いが募る中、前職の早期退職が募集されたことを切っ掛けとして、日系大手メーカーを中心に転職を考えるようになりました。

転職活動で苦労したこと

「何故、M&Aアドバイザーから事業会社へ転職したいのか」、「長期的に働いてくれる人を募集しているが、本当にわが社に馴染んでくれるのか」といった質問を面接では度々受けました。

業界も文化も全く違うM&Aアドバイザリーからの応募者ということで、応募先の面接担当者からは、やや警戒されていた印象はありました。対応としては、最初の質問にも記載したような職業観等、「そもそも論」も含めた応募理由を説明することで理解を得るようにしました。

また、募集職種だけでなく、その後の人事ローテーションも加味し、募集要項には書かれていない複数の職務経験が暗に要求されていることも多くありました。

具体的には経営企画や財務戦略といった職種でM&A関連の経験者を募集する求人に応募しましたが、「将来の人事ローテーションを考慮して、事業会社での経理/税務実務の経験も欲しい」といったことが度々でした。幸い、事業会社での経理税務の経験もありましたので、事なきを得ました。

最終的に現職(転職先)を選んだ理由

最初の質問で記載した思いを実現できる転職先として、以下を応募先選定の条件としていました。

  • (日本に利益をもたらす)日系企業であること
  • 直接的に付加価値を提供している実感を得やすいメーカーであること
  • 海外売上比率が既に50%前後と高く、今後も積極的にM&A等で海外展開を図っていく体力のある大手であること

上記3つの条件を満たす会社を候補先として転職活動をしていました。現職を選んだ理由は、以下3つです。

  • 3つの条件を満たしていたこと
  • 最も早くオファーがでたこと
  • 元々海外メーカーに比べて地味な印象の日系大手メーカーの中でも更に地味な企業イメージではあるが、モノづくりの気風がとても強く残っており、付加価値の高い製品を今後も作り出していく印象を受けたこと
転職成功事例の検索条件を閉じる
USCPA転職に精通したプロが豊富な
求人からあなたをサポート
簡単分で
完了!