転職成功事例
40代以上の転職

上場予定のITベンチャー企業の常勤監査役候補に!

転職ビフォーアフター
資格・語学証券アナリスト 等
転職前
日系企業 常勤監査役
転職後
上場予定ITベンチャー企業 常勤監査役候補

ご来社時のご相談内容と転職の目的

ご来社時の相談内容

この方と面談を実施したのは別の企業で常勤監査役の募集があり、その求人にご関心を持っていただき、エントリーをいただいたのがきっかけとなります。

既に常勤監査役として勤務をしておりましたが、任期が終わる数ヶ月前であったため、次に勤務する会社を探している状況でした。

最初に応募いただいた求人は残念ながら早期に他の候補者で決定してしまったため、ご縁がなかったのですが、そのご連絡とともに、新規で入った当IT企業の求人のご紹介を差し上げ、応募をしていただき、それからは話がとんとん拍子に進み、常勤監査役候補として勤務を開始することになりました。

転職の目的・転職で実現したいこと

1:常勤監査役として働ける会社を見つけること。
2:関西での単身赴任の勤務から、自宅のある東京近辺で勤務したい。

キャリアコンサルタントから見た転職成功のポイント

フットワークの軽さと、急な面接にも柔軟に対応できたこと

CFO、副社長、社長と3度にわたり面接を実施しましたが、お三方とも面接を実施する時間が限られていることに加え、東京~関西という地理的な問題もありました。

その難しい状況の中で、面接の日程を確保するためにスピード感をもって柔軟に対応していただき、一次面接の良い流れを崩すことなく、そのまま採用に至りました。

面接の翌日に面接、ということもありましたが、面対する接側のことを考え、快く応じていただけたことが今回の採用に強く寄与したことと思います。

経営者クラスと相性が合ったこと

今回は重要な職責を担うポジションであったため、企業側も経営者クラスほぼ全員が面接官に出てこられましたが、いずれの方とも会話が弾み、包み隠すことなくお互い腹を割って意思疎通を図ることができたとのことです。

もちろんこの方のコミュニケーション能力の高さにも寄ることと思いますが、お互いの相性が合う、合わないというのは、採用側にとっても求職者側にとっても決め手となる重要な要素となります。今回のような重要なポジションであれば尚更かもしれません。

転職成功事例の検索条件を閉じる
USCPA転職に精通したプロが豊富な
求人からあなたをサポート
簡単分で
完了!